lgOab9i

名無し
うおおおお!!!
間違いなく最高の回だったな
俺達は桂香に焦点を変えてもいいのか??
この笑顔は守らないと

スポンサードリンク


名無し
俺は意地悪を言えば、女流棋士になれない方が物語的には面白く、厳しく、発展的になると思う



名無し
八一は将棋界では5本の指で、桂香の成長回だったでしょ?
じゃあ次は誰なのさ
どうか銀子でありますように


名無し
どういうこと?まだ7話を見てないんだ。
八一は勝ったのか?


名無し
八一は将棋界で5本の指なんだって、銀子は1000番目らしい

名無し
へぇ...
で、八一は負けたのか?


名無し
それは7話を見ろ





名無し
桂香さんが負けるのを見るのは辛かったよ
でも終わりのシーンはあいと八一の関係に対する伏線のように感じたんだけど俺だけかな?
今週は銀子があまり凶暴じゃなかったね、ホントは優しいのかね?


名無し
そこで銀子×桂香ですよ

名無し
俺は桂香×八一だな




名無し
俺は6話までは桂香は別にそこまで好きじゃなかった、だけど7話で変わったね。
まぁ気の毒だったけど、あいとの対局の最後の叫ぶシーンでは人間らしさが出ててとても良かったよ。
銀子もサイコーだったね、二人はいい友人だね。
最高の回だった。






名無し
In real life Shogi news:

Souta Fujii, the 15 year old prodigy(天才), won against the reigning(在位の) ryuuou Habu Yoshiharu (the best player ever) last Saturday






名無し
桂香は自分が思った通りにことは進まないってことを教えてくれる良いキャラクターだね。
たとえそれが難しい夢だろうと諦めない姿勢が見られてとてもうれしいよ。


名無し
時には過去を思い返して当時の熱を呼び起こすことも必要だな


名無し
俺はずっと桂香のエピソードを熱望してたから嬉しかったし、とても素晴らしかった
ちいさい桂香はとても愛くるしかったね
天衣を倒すシーンはとても良かったし、あいが覚悟を持つシーンにも繋がってよかったね
まぁ気の毒だったけど、あいと互角の勝負が出来るってわかったことは良いんじゃないかな
ただシャルちゃんは出てなかったけどね




名無し
第7話は信じられないほどに感情的で強烈な回だったね
桂香の背景と覚悟のせいで天衣とあいの対局では両方とも応援する立場になってしまったよ
対局中の1手1手全てが重要なんだと感じたよ
桂香が負けるシーンでは涙を流したよ
このエピソードでは将棋っていうものは緊張感や感情、コミュニケーションを複雑なプレイスタイルと戦略で伝えるとても良い手法なんだってわかったよ

俺はもっと銀子の行動や指導を見たいね、桂香に言ったアドバイスが強く刺さったよ
こんな素晴らしいアニメを追えてとても嬉しいよ
りゅうおうのおしごと!は過小評価されている宝石だね


(英題はThe Ryuo’s Work is Never Done)




-----------おしまい--------------
(翻訳ミスなどありましたらご連絡ください。)
(ソース:https://www.reddit.com/r/anime/comments/7yn6n9/spoilers_ryuuou_no_oshigoto_episode_7_discussion/)


将棋アニメということもあり、藤井新6段に触れているレスがありましたので、あえて訳さずそのまま載せました。


修正
原文moveを解釈を「所作」ではなく「1手」に変更しました。

皆様からのご指導に感謝です。

スポンサードリンク